ジムの会員になるのが経済的に負担な方には、公共のジム施設の利用をおススメします。

ジムには様々な施設を併用している所もあります

MENU

ジム内の施設

 

大抵のジムにある施設として、サウナや露天風呂、足湯、ジェットバスなどの温俗施設が挙げられます。スパやリラクゼーションルームのあるフィットネスジムもあります。
ロッカーや更衣室などの施設は、ジムの大小問わず必ずあります。

 

テニスラケット

 

ジムの規模やランク(会員値段も含め)などによってマチマチではありますが、ゴルフレッスンテニスコートなどがあるジムもあります。
大抵のところでは、ゴルフクラブやテニスラケットのレンタルが可能なのでご自宅から用意して持っていく必要性がありません。ヨガスタジオのようなフロアーも大抵のジムにはあります。
専用フロアーのような感じで、ジム施設内のスペースとしてヨガ教室などを行なっていたりします。

 

また、ジム内の施設で結構な割合があるのがプールです。
トレーニング機器を使用しての運動や筋トレ以外に、ウォーキングなどの有酸素運動や腰痛、足の怪我、捻挫あけの足首などの歩行のリハビリとしても水中でのウォーキングは効果があります。夏の暑い時期の清涼感を単に求めて泳ぎにくる方も多いようです。

 

さらに、子供の託児所のようなスペースがあるところもあります。
お母さんが平日の日中に通いたい時に、ちょっとした子供の遊ぶスペースがあることで安心して通うことが出来るというところにメリットがあります。

 

 

 

このように、ジム内の施設にはトレーニングルーム以外にも様々な施設が併設されています。
どの施設を利用しても運動不足は解消出来ますし、ダイエットや血行促進の効果が期待できます。

 

ジムには会員制の料金を払うところやその都度利用料金を支払うケースなど様々ですが、会員や定期券のようなものを購入している方は利用すればするほどお得になるので、様々な施設を利用してジム通いを楽しまれてみてはいかがでしょうか。

 

ジムの料金が高く会員になるのは経済的にちょっと負担」という方には、公共のジム施設を利用する方法をおすすめします。大抵の地域には、必ず1つは公共のジム施設があると思いますのでネットなどで検索されてみて下さい。