入会金と年会費の料金システムのジムが殆どですが、それぞれのジムによって料金に差があります。

ジムに通うにはだいたいどの位の料金がかかる?

MENU

一般的なジムの料金体系

 

ジムに通うには、かかる費用などの料金が最も気になるという方は多いと思います。最初の1~2ヶ月は感じなくても、半年や1年くらい経ってくると段々負担になってくることもあります。
ジムの近さや利用出来る施設の多さなども、ジム通いでは重要なポイントですが、最も気になる料金体系についてまとめてみました。

 

お金

 

ジムの料金システム

 

ジムの料金体系は、一般的に入会金と年会費などの会費というシステムになっています。
年会費を支払っていれば、月に何回行っても良いというようなシステムのジムが殆どです。

 

また、パーソナルトレーニングやジムの利用時間によって値段が違い、1回の利用料金をとっているジムもあります。
区や市などが設けている公共のジムなどは、1回500円などで利用することが可能です。

 

公共のジムでも定期券のような感じで8回分などをまとめて購入することで、通常利用時よりも安く利用することが可能になります。

 

会費はジムごとに大きく変化

 

値段は、一般的なジムとパーソナルジムなどの高級系ジムで料金体系も違いますが、例を挙げて紹介すると、有名な大手系のジムでは入会金が5000円、利用時間帯などによって8000円から15,000円となっています。

 

チェーン展開している中級のジムでおおよそ、入会金が6900円程度、年会費が5900円となっています。温俗施設やスパ、テニスコートなどの他の施設はありませんが、マシーンを利用しての筋力トレーニングが可能なジムです。

 

また、他の中級クラスのジムは、10ヶ月利用で31000円となっていて、値段は本当にマチマチです。
小規模系のジムとしては、公共の施設ということになるかと思います。
公共の施設でもトレーニングルームにヨガスタジオ、プールなどかなり充実しているところもあります。

 

また、無料で利用できるところもあります。コストパフォーマンスと照らし合わせて、ご自分に合ったジムを選ぶようにしましょう。

 

以上、一般的なジムの利用料金体系を記載しました。