散歩やウォーキングなどの有酸素運動は、ダイエットや血行促進、代謝にも効果的です。

自分に合った効率的な運動の方法

MENU

効率的な運動の仕方

 

運動の種類には、有酸素運動無酸素運動という2つの種類があります。

 

有酸素運動は酸素をしっかりと摂り入れ呼吸をしっかりする運動で、散歩などのウォーキングや室内での簡単な筋トレ、エクササイズなどがあります。他にも水泳やサイクリングなどがあります。水泳は泳がなくても、水中歩行などのウォーキングでも有酸素運動になります。

 

無酸素運動は、野球やサッカー、バレーやバスケット、サーフィンやスノーボードなどの激しい運動やマラソンなどのジョギングなどがあります。
無酸素運動が瞬発的なものに対して、有酸素運動は長時間行なうものです。

 

 

ウォーキング

 

この有酸素運動が、運動嫌いの方にも効率的に運動していただけるものと言えます。
厳しいノルマや筋力を必要とすることがなく、体力的にも厳しくないので継続がしやすい運動と言えます。野球やサッカーなどの球技が苦手な方でも出来ますし、1人でいつでも出来るため仲間集めに苦労することもありません。

 

サーフィンやスノーボードなどの若者向けの運動で怪我をする恐れもありません。いつでも自分の好きな時に、軽い気持ちで行なうことが出来る効率的な運動の仕方として有酸素運動(散歩やウォーキングなど)がおすすめです。

 

また、有酸素運動は、脂肪を燃焼出来るのでダイエットにもおすすめです。
脂肪が燃焼されるのは、ウォーキングを始めて30分くらい経過した後なので、最低でも30分以上は有酸素運動をするように心がけましょう。
音楽を聴きながらウォーキングすると、音楽のテンポに合わせて早く歩くことも出来るようになります。用意しておくものによって充実度は変わってきますね。

 

犬の散歩

また、犬の散歩などでも有酸素運動になっています。日課的に犬の散歩に行くこともダイエットにも血行促進などの健康にも、代謝にも効果的です。
室内のエクササイズなども有酸素運動ですが、散歩やウォーキングの方がエクササイズ感が出ずに効果的な運動方法と言えるかもしれません。

 

運動不足の解消もダイエットも、1~2回やっても意味がありません。継続してやることに意味があるので無理のない運動から効率よく行なうようにしましょう。
運動は日課にして癖をつけると、運動しない方が気持ちの悪い状態になります。
日常の生活パターンに運動する習慣を取り入れるようにしましょう。