プールを使用する際には、水着や水泳用キャップ、ゴーグル、バスタオル、耳栓、シャンプーが必要です。

ジムに通う場合に準備しておいた方がいい物

MENU

ジムに通う前に用意するもの

 

ジムに通う前に用意するものを幾つか挙げると、上下のトレーニングジャージ、汗を拭くタオル、館内で使用する運動靴、用具を入れるバックなどがあります。

 

トレーニングジャージは当然、動きやすいものを選ぶようにしましょう。
夏場は半そでのTシャツや短パンなどでも良いと思います。
マラソン用のピッタリとしたトレーニングタイツのようなものでも良いと思います。

 

シューズは館内用として1足用意するようにしましょう。
バックは、スポーツバックでも良いですし、簡単に物の入る安いトートバックでも良いと思います。
最低でも、この4点があれば問題ないですが、他にも、ジム通いが習慣化されるとプロテインを持って行ったり(運動後すぐに飲むと筋肉に効果があるためジムで飲む)、体に良いドリンク代などの小銭(ジムの自動販売機などで購入)などがあります。

 

 

用意しておくとさらに快適になるもの

 

快適にトレーニングをしたい方には、音楽が聞けるスポーツ用のオーディオプレーヤーなどがあると良いかもしれません。苦しいトレーニングも好きな音楽でテンションアップしながらやると、快適にトレーニングが出来るようになります。

 

運動する男女

 

ヨガもついでにチャレンジしたい方は、ヨガパンツやランニングなどの体を動かしやすい衣類を用意しておいても良いかもしれません。

 

また、ジムと併設してあるプールを使用する際には、用意するものとして水着以外にも、水泳用キャップ、ゴーグル、バスタオル、耳栓、シャンプーなどがあります。

 

水泳用キャップは殆どのプールが着用を義務づけられており、耳栓は水が耳の中に入らないよう必要になります。様々な人が使用していて消毒なども行なっているプールの水が耳の中に頻繁に入っていると、中耳炎などになってしまう確率も高くなります。
そういった雑菌から耳を守るためにも耳栓などがあると良いと思います。

 

更衣室わきには、必ずシャワーが付いています。プール利用者だけでなくジムでのトレーニング後にも、シャンプーなどで髪を洗うことが出来ることが多いので、用意しておいても良いと思います。
ジムに通う前にしっかりと用意して、楽しいジム生活を始めましょう!